トップページ 健康維持・増進のための体力/脳力アドバイザー認定制度 for総合事業
体力/脳力アドバイザー研修会   体力/脳力評価システム   脳力トレーニングシステム   生活支援システム
 
  脳力トレーニングシステム
 
脳力トレーニングとは?
   
   体力/脳力アドバイザーや介護予防や健康増進を担う方が、認知症(MCI)予防や、認知機能の維持向上の
   トレーニングツールとして利用頂けるシステムです。元々作業療法士(OT)のリハビリツール用として開発しました。
   長崎大学医学部保健学科のデータ分析による「健康スコアレポート」をご提供します。
   
トレーニングの内容と記録について
   
  (1)システム利用者は?
     介護予防・健康増進を担う(市町村の)保健師さん、スポーツ施設・介護福祉施設・NPO法人のご担当者
   
  (2)トレーニングの内容は?
     ・言語 -「漢字探索」/「四字熟語」など6種類の課題
     ・計算 -「二桁加減」/「加減剰余」など6種類の課題
     ・注意 -「数字の順番」/「記号と数字」など6種類の課題
     ・記憶 -「逆数」/「言葉の記憶」など6種類の課題
     ・遂行 -「かなひろい」/「数字と文字」など6種類の課題
      合計30の課題と100種類のセットメニュー(各分野から1題づつ6種類の課題の組合せ)があります。
   
  (2)結果は?
    「健康スコアレポート」(下欄参照)によりトレーニング内容実績が分かります。
   
  健康スコアレポート
   
  脳力トレーニングシステムの仕組み
   
脳力トレーニングシステムの対象者
   
   高齢者(50歳以上~90歳未満)のどなたでも
   
動作環境と必要な機器について
   
  (1)現時点における動作確認済みOSおよびブラウザは?
     ・Windows
      Microsoft Edge25 ・InternetExplorer11・Chrome最新版
      (InternetExplorer8/9/10は2016年1月12日にサポート終了済)
     ・Mac OSX
      Safari最新版  Chrome最新版
     ・その他のブラウザについて
      その他のブラウザ(Mozilla Firefox 等)につきましては、ご利用は可能ですが機能に
      制限を受ける場合があります。
   
  (2)必要な機器は?
     インターネットに接続したパソコンやタブレット、プリンター(印刷用)
   
脳力トレーニングシステムの対象者
   
   下記から、トレーニングの成果例をダウンロードできます。  
   トレーニングの成果①  トレーニングの成果②  トレーニングの成果③
   
脳力トレーニングシステムの利用料金
   
   脳力トレーニングシステム利用の契約期間と利用料
   基本は1年契約:システム利用料 ・・・50,000/年間(1施設・部署あたり)
   *1法人で複数の施設や部門が異なるまたはエリアが異なる場合には、別途ご相談ください。
   *ユーザーID数は施設毎に常に100個常時100人程度を目安)ご案内します。
   *IDを割振った方がシステムを利用しなくなった場合には、そのIDは欠番として頂き、
    別の方は別のIDを付与を行ってください。
   
脳力トレーニングシステムお申し込み方法
   
     システム利用規約に同意頂き、下記リンク先でお申し込み頂きましたら「脳力トレーニングシステム」をご利用頂けます。
     「脳力トレーニングシステム」のお申し込みされる場合は、下記リンク先からお申込みをお願いいたします。
     脳力トレーニングシステムお申込み
     
脳力トレーニングシステムのユーザーガイド
   
     「脳力トレーニングシステムー脳(あたま)ケア」のユーザーガイドを用意いたしました。
     下記リンク先からダウンロードをお願いいたします。
     脳力トレーニングシステムのユーザーガイド
   
脳力トレーニングシステムdemo
   
     「脳力トレーニングシステムー脳(あたま)ケア」のdemoサイトを用意いたしました。
 

   下記リンク先でお試しください。

     脳力トレーニングシステムdemo
   
   
  ページトップへ
   
Copyright@ 長崎ウェルネススポーツ研究センターAll Rights Reserved.